薄毛の原因を知っていれば自分で対策をとることができます。

薄毛は病院に行って治す時代

薄毛になる原因を知っておこう

落ち込む人

ストレス

薄毛になってしまう理由の中でも、男女共に多いのがストレスです。過度なストレスが溜まってしまうと自律神経が乱れてしまい血行が悪くなってしまいます。植毛や増毛で健康な髪の毛を育てるためには頭皮の血行を良くすることが必要になるため、ストレスを溜めやすい人は注意しましょう。

偏った食事

仕事が忙しい人や、料理が苦手な男性などに多い原因です。食事のバランスが偏ってしまうと、脂質が多くなってしまい血液が汚れてしまいます。そうなると、髪の毛に栄養が行き届かなくなり強くて丈夫な髪の毛を育てることができなくなってしまうのです。また、増えすぎてしまった皮脂は頭皮の毛穴を塞いでしまうため毛髪に悪影響を与えてしまうのです。

頭蓋骨の広がり

最近、薄毛が気になるという人は頭皮が硬くなっていないか、突張った感覚はないか確かめてみましょう。そういった症状を感じる時は、頭蓋骨の広がりが薄毛の原因になっている場合があります。頭蓋骨が広がってしまと、頭皮が伸びてしまい血管を圧迫してしまいます。そういった状態が続いてしまうと、頭皮に悪影響を与えてしまうので気をつけましょう。

乱れた生活週間

眠る時間が極端に短すぎる人は、薄毛になりやすい場合があります。育毛や増毛などで毛を増やしても、生活週間がバラバラになってしまうと健康的な髪の毛を育てることはできません。そのため、成長ホルモンが分泌されると言われているゴールデンタイムに眠るようにしましょう。

朝シャン

夜は疲れているから、お風呂は朝に入っているという人は少なくありません。しかし、この行為が薄毛の原因になっている可能性があります。髪の毛は夜に成長するため、頭皮の毛穴が詰まっている状態だと成長しにくくなってしまいます。また、急いで頭を洗ってしまうと洗い残しの原因になり、これが薄毛を進行させることになります。

広告募集中